• おおきにスタッフ

【ご紹介】たい焼き屋”おめでたい”で社会貢献!クラウドファンディングでこども食堂を支援

こんにちは。

山ちゃんこと山﨑です。


今日は弊社が運営するたい焼き屋”おめでたい”の最近の取り組み「クラウドファンディング」についてご紹介します!



1.クラウドファンディングとは?

引用:unsplash


クラウドファンディングとは何でしょうか?


クラウドファンディングとは「クラウド(群衆)+ファンディング(資金調達)」からできた造語で、多くの人からお金を集めることを意味します。


何をするのにも、特に大きなことをしたいときにはお金はつきものですが、

自己の資金だけではどうにも足りない!

そんなときにクラウドファンディングの仕組みを利用することができます。



クラウドファンディングは、もとは2000年代のアメリカではじまった仕組みで、

日本でも2011年ごろからサービスが開始され広まってきました。



会社が事業で資金調達を行う際は、銀行からの融資が一般的ですが、

クラウドファンディングでは企業だけでなく、個人やグループでも、銀行からだけでなく資金を調達できるということです。

そのため出資を募る人も、出資をする人にも手軽に参加できるのが特徴です。


参照:クラウドファンディングの基礎知識





2. たい焼き屋”おめでたい”のクラウドファンディング

引用:pixabay


この度たい焼き屋 ”おめでたい”でクラウドファンディングを実施することになりました!



こちらがそのサイトです。

子どもたちを応援!障がいのある仲間と、たい焼き1000匹お届けプロジェクト第3弾


今回が実はなんと3回目で、今回のテーマは、「こども食堂」へたい焼きを届けることです。


こども食堂は、ご飯を食べたいこども、誰かと一緒に食べたいこどもへの支援活動を行っています。

弊社もたい焼き屋という形で飲食店を営んでいる以上、何かお役に立ちたいと思い、

このプロジェクトを発足するにいたりました。



ただ、たい焼き屋として日々の営業の中から可能な分を支援するのではなく、

多くの方と支援を行い、より多くのこどもたちに笑顔を届けたい。



そのため、クラウドファンディングという形で、支援を募ることといたしました。



ご支援については500円から実施いただくことが可能です。

コースによって、リターンはお礼メッセージ、お店で利用できるたい焼き引換券から、可愛いオリジナルトートバック、感謝の気持ちを込めておめでたい店内などのお名前掲載などがございます。



ぜひ一度クラウドファンディングのサイトを覗いていただき、

ご賛同いただける方は少しでもご支援いただけますと幸いです。





3. 野寄社長の社会貢献への想い

引用:unsplash


野寄社長は、社員によく「人のお役に立つことをまず考えるように」と伝えています。

それは事業やプライベートにかかわらず、です。


野寄社長自らその考えを姿勢で示していることから、多くのご縁が繋がり事業内容にかかわらずさまざまな活動に参加をしたり、メディアへの出演にも繋がっていることを感じます。




今回のクラウドファンディングについても、その理念の現れです。

”おめでたい”は障がいを持った方を多く雇用しておりますが、プロジェクトがより大きなものとなることでたい焼きの生産に繋がり、スタッフの成長にも繋がっていければと願っています。



4.まとめ

引用:pixabay


今回の第3弾のクラウドファンディングは、2022年7月13日までご支援を募集しております。


プロジェクトの想いに賛同いただける方は、ぜひ少しでも一緒にプロジェクトを盛り上げることができれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。





おめでたいクラウドファンディング

「子どもたちを応援!障がいのある仲間と、たい焼き1000匹お届けプロジェクト第3弾」

https://camp-fire.jp/projects/585890/preview?token=4fe314gg