• おおきにスタッフ

野寄社長もオススメな映画『ズートピア』からSDGsを学ぶ/4月28日から大阪にズートピアカフェ誕生!

こんにちは。

山ちゃんです。


4月28日に大阪の心斎橋で、ズートピアのカフェが出るそうです!




参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000366.000012194.html


ズートピアは2016年に公開された、アニメ映画。

野寄聖統社長もオススメで以前観たことから、私も好きな映画です。

そのキャラクターをイメージしたメニューが出るそうで、

どのメニューも可愛く、行ってみると楽しそうですね♪



1.『ズートピア』って?

映画『ズートピア』のあらすじは、ディズニーの公式HPから、下記の通り。


『ズートピア』――それは、動物たちが人間のように暮らす楽園ズートピアを舞台に、“夢を信じる”ウサギの新米警官ジュディが、“夢を忘れた”キツネの詐欺師ニックとともに、楽園に隠れた驚くべき秘密に挑むファンタジー・アドベンチャー。『アナと雪の女王』『ベイマックス』のディズニーが“夢を信じる勇気”にエールを贈る、ディズニー長編アニメーション55作目となる感動作。


引用:https://www.disney.co.jp/movie/zootopia/about.html



作品として、キャラクターが魅力的ですし、絵もきれい、音楽もとても感動的です。


特に印象的なのが、いろんな動物が1つの街で共生しているところ。

肉食動物も草食動物も、哺乳類も鳥類も爬虫類もみんな同じ社会で暮らしています。

どんな動物でも暮らしやすいように、

人間の世界には無いような仕組みが存在しています。





2.『ズートピア』は SDGs の先駆け?


引用:ぱくたそ


そして、この物語の主なテーマはそんな一見とても整った社会でも動物の種族の違いによって偏見があり、そこをどう乗り越えていくか、というところにあります。

今特に言われている SDGs のテーマを先に扱っていて、それを見事に表現した映画だと思います。


SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

引用:SDGs とは?

SDGs は最近注目されるようになりましたが、

こちらの引用にあるように、2016年から始まったもの。

そうするとズートピアは SDGs のスタートと同時に公開された映画であり、

繋がりを感じますね!



『ズートピア』の中での SDGs の達成状況は具体的には下のようになるでしょう。


3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

11.住み続けられる街づくりを

は実現できていました。


でも、

5.ジェンダー平等を実現しよう

10. 人や国の不平等をなくそう

を完全には達成していなかった。

そんなところから、物語が始まります。




3.まとめ

引用:ぱくたそ


ネタバレにはなってしまいますが、最終的に映画では、

ある事件をきっかけにいろいろな困難を乗り越え、

すてきな社会を作り上げます。




人類遺伝学やゲノム医科学を研究されている徳永氏のレポートでは、 人間の遺伝子の差は0.1%しかないそう。

人間とチンパンジーでも1.2%だそうです。

参照:遺伝子・ゲノムから見るヒトの多様性


それ以上の違いを超えて成り立っている社会が、映画『ズートピア』の中では存在しているので、

それと比べると人間同士の社会で仲良くなっていくことは、

工夫していけば十分にできる気がしますね。



気になった方は『ズートピア』をぜひ観てみてください!

そしてキャラクターも好きになった方は、ぜひズートピアカフェに足を運んでみてはいかがでしょうか?