• おおきにスタッフ

野寄社長も考える「考えること」の大切さ!ネットや携帯電話に頼りすぎることの弊害

こんにちは。

山ちゃんです。



この前興味深いツイートを見つけました。


お父さんが子どもの発言をツイートしたものですが、

とても示唆に富んでいます。


お父さんは子どもに答えを教えるのが大切だと考えていたけど、

子どもは一緒に考えるプロセスを大事にしていたというお話。


https://www.pakutaso.com/20170406103post-11069.html


弊社の野寄社長もよく「自分で考えよう」と言われます。

それは実際にその事態を知っているのが担当者であるから、

答えられないというのもあるのですが、

もう1つは自分で考えることを重要視されているからです。


自分で考えるから、自分の力がつく。

そうやって社員を育成されています。



一見すぐ答えをもらえるのが良いことのように思えますが、

自分で考えることで応用がきいたり、難しい局面がきても辛抱強く向き合うことができるようになると、私も経験から思います。



情報がありふれている時代ですが、

個々の事例の対処法や、人と人が関わることは、なかなかネットや本に載っていないことも多いです。



会社の先輩がある時「今の若い人は携帯がなくなると身動きが取れなくなる」と言っていました。


https://www.pakutaso.com/20170852221post-12816.html


私なんかは携帯電話(ガラケー)を持ち始めたのは大学からですので、

携帯電話がない子ども時代もそれなりに経験しています。


今は地図を印刷してから出掛けたことのない子どももいるそうで。。

確かに子どものときからスマホがあれば、印刷必要ないですもんね。

でも、携帯がなかったらどうするか、考えることができるということは大事な力だと思います。


このツイートの子どもから、改めて学ばせていただきました。


これからも考える力を大事にして、仕事に励んでいきたいと思います。